ドコモとBV社、プリペイドiD利用の“電子食事カード”「チケットレストラン タッチ」を来年提供へ | RBB TODAY

ドコモとBV社、プリペイドiD利用の“電子食事カード”「チケットレストラン タッチ」を来年提供へ

 NTTドコモとバークレーヴァウチャーズ(BV社)は1日、プリペイド式「iD」の機能を活かした“電子食事カード”「チケットレストラン タッチ」の提供で合意した。2016年4月から提供を開始する計画だ。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「チケットレストラン タッチ」利用の流れ
  • 「チケットレストラン タッチ」利用の流れ
  • 協力体制の構図
  • 「バークレーヴァウチャーズ」サイト
 NTTドコモとバークレーヴァウチャーズ(BV社)は1日、プリペイド式「iD」の機能を活かした“電子食事カード”「チケットレストラン タッチ」の提供で合意した。2016年4月から提供を開始する計画だ。

 バークレーヴァウチャーズは、企業が従業員に配布する食事券「チケットレストラン」を提供する企業。「チケットレストラン」は、昼食代補助など福利厚生の用途で、国内で約1000社・従業員15万人が利用している。

 今回、従来の「チケットレストラン」に、ドコモ電子マネー「iD」を活用し、“電子食事カード”として「チケットレストラン タッチ」を提供する。「チケットレストラン タッチ」は、企業ごとに決められた月々の食事補助金額が自動的にカードへチャージされ、バークレーヴァウチャーズと別途契約している飲食店やコンビニエンスストアなどの「iD」加盟店での支払に利用可能となる。

 従来「iD」は、ポストペイ(後払い)方式で利用されていたが、今回新たにプリペイド(前払い)方式にも対応。これにより、各企業が独自に発行していたプリペイドカードを「iD」の技術を用いて発行可能となる。「チケットレストラン タッチ」は、プリペイド式「iD」による初めての取り組みとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top