羽田圭介、先輩作家からTV出演について「うつつ抜かしてる」とチクリ | RBB TODAY

羽田圭介、先輩作家からTV出演について「うつつ抜かしてる」とチクリ

エンタメ その他

羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」
  • 羽田圭介「スクラップ・アンド・ビルド」
 独特のキャラがバラエティ番組などで人気の芥川賞作家・羽田圭介だが、TV番組での活躍に対し快く思わない先輩作家からイヤミを言われることもあるという。

 これは24日放送の「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日)で語られたもの。ゲストとして出演した羽田は番組MCの中居正広から「TV大好きだね」と言われると「でもネットの評判とかをチェックしないんで、まわりの反応が全然わからないんですよ」と回答。

 ゲストのお笑いタレント・ビビる大木が「(TV出演について)先輩の作家からイヤミ言われたりしなかった?」と聞くと、「昨日文学賞のパーティーがあったんですけど、"最近出てるねぇ、うつつ抜かしてるんじゃないの"みたいな感じでチクチクやられましたね」と他の作家からTV出演についてイジられていたことを明かした。

 それに対し中居は「"うつつ抜かしてます。調子に乗ってます"でいいんだよ」「トークの評判悪くてもネット見なきゃ大丈夫」と助言し、羽田にエールを送った。

 その後トークは印税の話題に。芥川賞を受賞した「スクラップ・アンド・ビルド」は現在までに17万部が売れているそうで、今の時点で約2000万円以上の印税が入る見込みだという。

 番組には作家としても活躍するお笑いタレント・劇団ひとりも出演しており、中居から「劇団のはどれぐらい売れた?」と聞かれたひとりが「130万部ぐらい」と答えると。17万部との差に羽田は落ち込むも「芥川賞は平均6万部ぐらいで僕は売れてるほう」と、本が売れない現在の文学界の状況を嘆いていた。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top