内山信二、月収3000万で横暴すぎた子役時代&“どん底”への転落語る | RBB TODAY

内山信二、月収3000万で横暴すぎた子役時代&“どん底”への転落語る

エンタメ その他

 タレントの内山信二が2日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」(テレビ朝日系)に出演。子役時代最高月収が3000万に達した事や、その後仕事が激減して高校も中退、非行に走った"どん底"時代の生活ぶりを明かした。

 内山は6歳のときオーディションで明石家さんまに見いだされ「あっぱれさんま大先生」に出演。これをきっかけに人気子役の階段をのぼり始めた。番組だけでなくCMにも引っ張りだことなった内山だが、当時ギャラが現金手渡しだったために金銭感覚が狂っていったという。

 10歳の最盛期には月収が3000万に達したという内山は、もはや大人を完全になめてかかるようになり、親に注意されても「アンタたちより稼いでるんですけど!」と言い返したり、学校の女子を連れて駄菓子屋に行き「この1万円で好きなだけお菓子買っていいよ」と言って気をひくなど、小学生とは思えない行動をとるように。さらにマネージャーをドラクエの発売日に並ばせたり、TV局内でADをエアガンで撃ったり、ADが脱いだ靴に瞬間接着剤を流し込むなど暴走はエスカレートしていったという。

 他の出演者たちから「怒られなかったのか?」と聞かれると「人を選んで悪さをしていたから怒られなかった」そうで、さんまやTV局のプロデューサーなど権力者と、これから出世しそうなADには悪さをしなかったという内山。なんと小学生ながら出世する人間を見抜く能力を身につけたと語った。

 「出世するかどうかを判断する基準が靴。靴が汚いと出世しない。子供目線だと目線が低いから靴が見える」と言い、スタジオ内のADを指して「あの白いスニーカーが汚れてる彼は出世しない。その隣の黒い靴の彼は出世する」などスタッフの将来を"予言"する一幕も。

 そんな内山だが10歳をピークに仕事が減っていく。しかし「自分だけは大丈夫」と過信したままとうとう仕事がゼロに。友達もいなくなり高校もほとんどいかずに中退、引きこもりになったそうで、当時は親戚からもらった米に焼肉のタレをかけて食べるところまで生活レベルが落ち、非行にまで走るようになったことをTVで初告白した。

 芸能界を辞めようと思っていたところにさんまから「お前どうせヒマやろ、舞台やるから出てくれ」と再び声をかけられ仕事を続けることを決意。自分同様"デブキャラ"の先輩タレントたちによる支援にも助けられたという。その中でも松村邦洋はTV局で「なんとか内山君に仕事あげてください」とお願いしていたそうで、そのおかげもあって自らに「デブキャラ」としての価値を見出して今に至ったと語る内山。「これからは母親との時間を大切にしていきたい」と話すと、それまで子役時代の内山の行動を聞いて嫌悪感を見せていた出演者たちも、感動の表情を浮かべていた。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top