V-Lowマルチメディア放送「i-dio」、来年3月よりスタート……対応SIMフリースマホも発売へ | RBB TODAY

V-Lowマルチメディア放送「i-dio」、来年3月よりスタート……対応SIMフリースマホも発売へ

ブロードバンド テクノロジー

「i-dio」コミュニケーションロゴ
  • 「i-dio」コミュニケーションロゴ
  • SIMフリースマートフォン『i-dio Phone』
  • 関係3社の体制
  • 今後のスケジュール
 エフエム東京らが設立したBICなど3社は15日、V-Lowマルチメディア放送を、「i-dio(アイディオ)」の名称で、2016年3月より開始することを発表した。「i-dio」初対応スマートフォンも年内に発売される予定。

 ホールディング会社のBIC、基幹放送局提供事業者(ハード事業者)となるVIP、関東・甲信越広域圏の移動受信用地上基幹放送局(ソフト事業者)となる東京マルチメディア放送が発表した。

 V-Lowマルチメディア放送は、停波した地上アナログテレビ放送の空いた周波数帯(VHF-Low帯=99MHz~108MHz)を利用して創設される新たな放送サービス。「i-dio」は来年3月より、東京・大阪・福岡での放送を開始。2016年度上期に名古屋・静岡・広島・兵庫・福島、2016年度下期に関東・九州で放送エリア拡大を予定する。2019年度には世帯カバー率78.3%を目指す。

 新放送サービス「i-dio」は、「放送メディアが持つ、普遍的なidentity」「通信メディアが持つ、革新的なidea」の2つの要素を併せ持ったメディアを目指すという。通信に流れるあらゆるデータ(音や画を含む)を放送波でブロードキャストする「IPデータキャスト(IPDC)」により、さまざまなデータを組み合わせ、蓄積型放送などのサービスにも対応する。防災情報配信システム「V-Alert」などとしても活用される予定。

 「i-dio」の市販第1号受信機としては、SIMフリースマートフォン『i-dio Phone』がコヴィアから発売予定。『i-dio Phone』は『i-dio』の他、地上デジタルテレビ、FMラジオにも対応した3波対応のAndroid SIMフリースマートフォンとのこと。その他、『i-dio』の放送波をWi-Fiに変換することで、従来のスマートフォンでも『i-dio』を受信できる「Wi-Fiチューナー」を放送開始にあわせ、配布予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top