練馬区、約1000人の区民が参加した初CM! オリジナル絵具も制作 | RBB TODAY

練馬区、約1000人の区民が参加した初CM! オリジナル絵具も制作

エンタメ その他

テレビCMカット
  • テレビCMカット
  • テレビCMカット
  • テレビCMカット
  • NERIMA GREEN
 東京都・練馬区は初となるテレビCMを制作し8日にオンエアを開始。練馬区オリジナルの=「NERIMA GREEN(5色)」も制作した。

 練馬区では「よりどりみどり」をスローガンに、区の魅力を内外に発信する「YoriDoriMidori練馬」プロジェクトを展開中だ。第1弾では「緑と共に写っている練馬区の写真」をキャンペーンサイトにて募集。第2弾では、集まった写真を使ってシンボルアートを製作して区立美術館で写真展を開催中。そして第3弾が今回のテレビCM作成プロジェクトだった。23区一の緑被率(りょくひりつ)となっている練馬区の魅力を発信するため、テレビCM「YoriDoriMidori練馬グリーンアート篇」が制作された。緑地率とは、ある面積における緑地の割合。緑地の定義には細則がある。CM撮影前に前川燿男区長は「練馬は素晴らしい街なんだけど伝わっていない。正確に伝えたい」と意気込んだ。

 練馬区内で行われた撮影は、マーチングバンド、チアガール、ブラスバンド、練馬区の公式アニメキャラクター「ねり丸」など、区民1,173人が参加した。また、全員で巨大な人文字グリーンアートを形作り、上空から撮影するなど大規模な内容のCMに仕上がっている。CMは映画館などでも上映される予定。

 また、面白いのがプロジェクト第1弾で募集した応募写真の約2,300枚から緑色を抽出し、その色データをもとに開発した練馬区オリジナルの色「NERIMA GREEN(5色)」を制作したこと。この絵の具を制作したのは地元のニッカー絵具だ。技術顧問の赤尾進一郎氏は「きれいなグリーンを作ることが主眼。どうしたら出るか悩んだ。何の気なしに見ていたグリーンを見る目が変わった」と苦労を語る。出来上がったのはNerima Green Nature(自然)、Nerima Green Town(街)、Nerima Green Food(食)、Nerima Green Human(人)、Nerima Green Art(アート)の5色。今後、区のイベントなどプロモーションに使用され、様々な場所で活用される。


《花》

関連ニュース

特集

page top