シャープが社名の「゜」を売却!? 虚構新聞のネタに複数企業が反応 | RBB TODAY

シャープが社名の「゜」を売却!? 虚構新聞のネタに複数企業が反応

エンタメ その他

シャープの公式Twitterアカウント
  • シャープの公式Twitterアカウント
  • 阪急電鉄の公式Twitterアカウント
  • パイン会社の公式Twitterアカウント
 実際にありそうで実は存在しない嘘ネタをニュースとして発信する虚構新聞が「シャープ、゜の売却を検討 経営再建策」と掲載し、本物のシャープ株式会社の公式Twitterアカウントがその虚構に乗っかるというユニークな出来事が発生した。

 虚構新聞は1日「経営再建中のシャープが、自社の半濁点(゜)の売却を検討していることが分かった。売却額は30億円程度になる見込み」と掲載。「赤字削減策として社内で使用する(゜)を他社に売却する検討。(゜)売却後は一部の製品ブランドが“フラズマクラスター”“お茶フレッソ”と精彩を欠くようになるほか、社名が“シャーフ”と東南アジアの模造企業のようになるなど、企業イメージに及ぼす影響は少なくない」と面白おかしく記事した。

 それを見たシャープ株式会社の公式アカウントが「(たぶん私…虚構新聞さんに試されてる)」と反応。その後、「【拡散希望】 ゜がなくなりました。弊社の ゜を見かけられた方は至急ご連絡ください。」と粋なはからいをみせてツイート。虚構にまんまと乗っかるカタチで拡散希望を発信した。

 すると今度はそれを見た阪急電鉄の公式アカウントが「シャープさんが少しお困りのようです。 みなさまは ゜ を見かけませんでしたか? (ぱんきゅうでんてつこうしきなかのひとより)」と、シャープのつぶやきをリツイートして参戦。

 さらに、パインアメのパイン会社の公式アカウントが「落とされたのはこれでしょうか」とパインアメの写真を添付してシャープへリツイートするなど、半濁点(゜)をめぐり、ちょっとしたつながり現象が起こり、ツイッター上でも話題となっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top