社長が「お疲れさん」と話しかける自販機、MKタクシーが導入 | RBB TODAY

社長が「お疲れさん」と話しかける自販機、MKタクシーが導入

 ダイドードリンコは9日、社長の声で従業員に労いと感謝の言葉をかける自動販売機を、エムケイタクシーの営業所に導入したことを発表した。8月6日より稼働しているという。

エンタープライズ 企業
自動販売機(設置写真)
  • 自動販売機(設置写真)
  • 音声フレーズの代表例
 ダイドードリンコは9日、社長の声で従業員に労いと感謝の言葉をかける自動販売機を、エムケイタクシーの営業所に導入したことを発表した。8月6日より稼働しているという。

 この自販機は、エムケイ(MKタクシー)との共同企画として導入したもの。同社代表取締役社長である青木信明氏の声で、金銭投入時に「はい。身だしなみを整えて、笑顔をつくって」、商品選択ボタン押下時に「お疲れさん」など、計4フレーズを語りかけるという。自販機トップボードには社長の顔写真とメッセージ文を掲載。横には鏡も設置されており、身だしなみ等のチェックが可能。

 導入場所は、エムケイ 上賀茂、山科、洛西、伏見、八幡の5営業所(計6台)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top