五輪エンブレム取り下げ、佐野デザイナー「人間として耐えられない状況」 | RBB TODAY

五輪エンブレム取り下げ、佐野デザイナー「人間として耐えられない状況」

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は1日、東京2020大会エンブレムについて使用中止を発表した。デザイナーの佐野研二郎氏はネットで「人間として耐えられない」「今の状況を続けることは難しい」と述べている。

エンタメ スポーツ
佐野研二郎『エンブレムにつきまして』前半
  • 佐野研二郎『エンブレムにつきまして』前半
  • 佐野研二郎『エンブレムにつきまして』後半(一部重複)
  • 組織委の記者会見(1日)
  • 組織委の記者会見(1日)
 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は1日、東京2020大会エンブレムについて使用中止を発表した。デザイナーの佐野研二郎氏はネットで「人間として耐えられない」「今の状況を続けることは難しい」と述べている。

 佐野デザイナーは、主宰するMR_DESIGNのホームページに『エンブレムにつきまして』と題した一文を掲載、「模倣や盗作は断じてしていない」と訴えた。

 『エンブレムにつきまして』によると、佐野デザイナーにエンブレムのデザイン以外の仕事で不手際があり、一部のメディアで悪しきイメージが増幅され、騒動に発展した。「取材が昼夜、休日問わず来て」「事実関係の確認がなされないまま断片的に、報道される」こともあったという。「プライバシー侵害もあり、異常な状況」が続いているそうだ。

 今の状況は、コンペに参加した当時の「大会の成功を願う純粋な思い」とは別の方向に向かってしまい、佐野デザイナーは「もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況」にいるという。そして「批判やバッシングから、家族やスタッフを守る」ためにも、「今の状況を続けることは難しい」と判断し、取り下げに関して「私自身も決断」したとする。

 組織委員会専務理事・事務総長の武藤敏郎氏は1日の記者会見で、佐野デザイナーは「いまやエンブレムは一般国民から受け入れられない。使用の取り下げはやむを得ない」と申し出た、と語っている。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top