夜間に光って存在を知らせる蓄光タイプの「アルファ・チェーン」が発売開始 | RBB TODAY

夜間に光って存在を知らせる蓄光タイプの「アルファ・チェーン」が発売開始

エンタープライズ セキュリティ

太陽光や蛍光灯、LEDなどの光を吸収して約6時間発光する。工事現場や倉庫、工場、駐車場などさまざまな場所での活用が想定される(画像はプレスリリースより)
  • 太陽光や蛍光灯、LEDなどの光を吸収して約6時間発光する。工事現場や倉庫、工場、駐車場などさまざまな場所での活用が想定される(画像はプレスリリースより)
  • 製品は1巻25mで、線径は6mm。蓄光タイプの「AC0625-30」と黄色と蓄光タイプが交互についたコンビタイプ「ACKY0625-30」がラインナップ(画像はプレスリリースより)
  • 昼間と夜間の見え方の違い。街灯がないような場所でも6時間光り続ける(画像はプレスリリースより)
  • 本製品の設置イメージ。防犯と事故防止といった効果が期待できる(画像はプレスリリースより)
 エルティーアイは24日、太陽光や蛍光灯の光を溜めて夜間や暗所で約6時間明るく光るチェーン「アルファ・チェーン」を販売開始したことを発表した。夕暮れから夜間にかけての視認性を高めて、安全性を確保できる製品となっている。

 1巻25mの暗所で光るチェーンで、チェーン全体が蓄光する「蓄光タイプAC0625-30」と、蓄光と黄色チェーンが約50cm間隔で交互に繋がる「コンビタイプ(黄)ACKY0625-30」の2種類で構成されている。材質は高密度ポリエチレン(HDPE)と蓄光材。

 通常のチェーンだと暗闇で視認できず、転倒事故などを引き起こす危険性があったが、本製品なら光ることでチェーンの存在を示し、そうした危険性を低減することができる。また、立ち入り禁止エリアなどを夜間に区切る際にも、チェーンの光でしっかりと危険なエリアを示すことができる。さらにはチェーンの存在を夜間でも積極的に示せるので、防犯上の抑止力にもなるだろう。

 JIS規格JC級相当の高輝度化を実現しており、市販従来品と比べて50倍の発光輝度を誇る。 国土交通省の新技術情報提供システム(NEITS)に「蓄光による夕暮れ時の発光で工事区域標示の視認性を高め、安全性を向上させる高輝度蓄光プラスチックチェーン」として登録されている。

 参考価格は1巻25mで24,500円。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top