超薄型の太陽光発電Beaconデバイス「MSU004」が登場 | RBB TODAY

超薄型の太陽光発電Beaconデバイス「MSU004」が登場

エンタープライズ ハードウェア

販売開始された太陽光発電Beaconデバイス「MSU004」(画像はプレスリリースより)
  • 販売開始された太陽光発電Beaconデバイス「MSU004」(画像はプレスリリースより)
  • 重量8g、薄さ4.2mmという超小型サイズが特徴となる(画像はプレスリリースより)
  • 太陽光発電を利用することで充電不要で5年間以上の稼働が可能(画像はプレスリリースより)
 むすぶは、モバイルマーケティング向け太陽光発電Beaconデバイスの新製品「MSU004」を19日から販売開始した。

 Beaconは、無線を使って端末の位置や動きを把握することができる機器で、昨今、店舗や商業施設でのマーケティング活用や介護施設や建設現場の安全管理、高齢者や子どもの見守りに活用できる技術として注目されている。

 本製品は、スマートフォンやタブレットPCなどとBluetoothで接続する小型のビーコンデバイスで、重量8g、薄さ4.2mmの超薄型筐体に太陽光発電地を備えており、周辺光の明るさのみで長期間稼働する。

 周辺輝度8,000lxで動作し、充電不要で5年間以上の稼働を可能としている。同社では既に福祉施設などでiOSアプリでの実証実験を開始しており、今後はクライアント向けのSDK・解析ツールなども提供していく。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top