JR西日本、夏季期間の乗客数が大幅アップ | RBB TODAY

JR西日本、夏季期間の乗客数が大幅アップ

 西日本旅客鉄道(JR西日本)は18日、夏季期間およびお盆期間の利用状況を発表した。夏季期間は7月17日~8月17日の32日間、お盆期間は8月7日~8月17日の11日間について、前年同曜比較を行ったものとなっている。

エンタープライズ その他
北陸新幹線「かがやき」号
  • 北陸新幹線「かがやき」号
  • 北陸新幹線延長開業前の在来線特急「はくたか」号(越後湯沢駅)
  • 新幹線・在来線(特急)の利用状況
  • 線区別の利用状況
 西日本旅客鉄道(JR西日本)は18日、夏季期間およびお盆期間の利用状況を発表した。夏季期間は7月17日~8月17日の32日間、お盆期間は8月7日~8月17日の11日間について、前年同様比較を行ったものとなっている。

 それによると、夏季期間の利用は、山陽新幹線が486万人で前年比104%、北陸新幹線が93万人で前年比263%、在来線(特急)が202万人前年比99%となり、合計781万人(前年比111%)と前年から2桁成長となっている。北陸新幹線は、前年の在来線特急「はくたか・北越」との比較だが、今年3月開業によりブームが到来。首都圏からのアクセスも上昇し、大幅な乗客数アップを記録した。

 そのうちお盆期間の利用は、山陽新幹線が211万人で前年比104%、北陸新幹線が38万人で前年比251%、在来線(特急)が88万人で前年比110%となり、合計336万人(前年比113%)だった。

 利用のピーク日は行きが新幹線:8月12日、在来線:8月13日で、帰りが8月16日だった。なお京阪神地区の近距離券の利用者数は、夏季期間で前年比104%だった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top