Googleが子会社化、持株会社「Alphabet」を設立 | RBB TODAY

Googleが子会社化、持株会社「Alphabet」を設立

ブロードバンド その他

Google (C) Getty Images
  • Google (C) Getty Images
  • 新GoogleのCEOに就任する、現Googleの上級副社長のスンダー・ピチャイ氏 (c) Getty Images
  • 新持株会社「Alphabet」公式HP
  • Google公式ブログに掲載されたラリー・ペイジ氏からのメッセージ
 米グーグルは10日(現地時間)、Googleを傘下に収める新持株会社「Alphabet」を設立すると発表した。CEOにはGoogleの共同創業者であるラリー・ペイジ氏、社長には同じくGoogle共同創業者のセルゲイ・ブリン氏、会長にはエリック・シュミット氏が就任する。

 同社はこれまでさまざまなサービスや事業をGoogleの名のもとに行っていたが、これらをAlphabet社傘下として分社化させ、Googleもその子会社の一つとしてスリム化される。新GoogleのCEOには、現Googleの上級副社長のスンダー・ピチャイ氏が就任する。

 AlphabetのCEOとなるペイジ氏は、新会社発足にあたり、「われわれは、Google Maps、YouTube、Chrome、Androidなど、“クレイジー”と言われたことをやってきた。現在では、これらのサービスは数十億人のユーザーを得ている。このように、われわれは他の人たちから見たら“クレイジー”でも、われわれから見たらエキサイティングなことを、これからも続けていく」とのメッセージも発表している。

 持株会社のAlphabetという社名は、文字の集合体という意味を踏まえて、事業の集合体という意味で採用された。Googleは、そのアルファベットの「G」の部分ということになる。この社名について、ペイジ氏は「文字の集まりであり、またGoogleの基礎となった文字検索の核となる部分でもある」と解説。それぞれの文字(事業)が発展するよう期待を寄せている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top