NTT Com、IoTを活用した高齢者見守りサービスの実証実験……金沢西病院と共同 | RBB TODAY

NTT Com、IoTを活用した高齢者見守りサービスの実証実験……金沢西病院と共同

エンタープライズ その他

高齢者世帯の分電盤にIoTセンサーを取り付け、利用データをクラウドに送信。親族などのスマートフォンにメッセージをプッシュ送信して状況を把握できる仕組みとなっている(画像はプレスリリースより)
  • 高齢者世帯の分電盤にIoTセンサーを取り付け、利用データをクラウドに送信。親族などのスマートフォンにメッセージをプッシュ送信して状況を把握できる仕組みとなっている(画像はプレスリリースより)
 NTTコミュニケーションズは30日、離れて暮らす家族の生活を見守ることができるサービス「おげんきりずむ(仮称)」の事業化に向けた検証を、8月から開始することを発表した。

 電力消費から高齢者の生活を見守るもので、2016年春からの商用サービスを予定している。事業化に先立ち、8月から来年2月まで石川県金沢市の金沢西病院と共同で、モニター世帯によるフィールドトライアルを実施する。

 一人暮らしの高齢者世帯の分電盤にIoT機器を設置し、利用電力の推移から生活リズムを診断して、その結果を親族など使用者のスマートフォンアプリで情報を確認できる仕組みとなっている。

 睡眠時間、外出時間、在宅活動時間などの生活リズムを判断して、過去からの変動状況などをスマートフォンアプリで確認、長時間活動がない場合には「ちょっと心配メッセージ」などが表示される。

 使用される機器構成は、電力センサー、ネットワーク接続装置など。商用サービス提供時は初期費用10,000円、月額1,000円程度の利用料を予定しており、自治体や病院、介護事業者などのパートナーと連携したサービス提供体制を構築していく。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top