NECがIoT事業を強化、人員の増強と5種のIoTソリューションを発表 | RBB TODAY

NECがIoT事業を強化、人員の増強と5種のIoTソリューションを発表

 NECは23日、IoT関連事業を強化し、新たに5種のソリューションを開発したことを発表した。同時にIoT関連システム構築を行う中核要員を現在の約100人から、2020年までに約500人に増員することを発表している。

エンタープライズ 企業
現在NECが取り組んでいるIoT事業の分類と新たに加わることが発表された5種類のIoTソリューションの数々。事業強化に伴い人員も現在の約5倍まで増やすとのこと(画像はプレスリリースより)
  • 現在NECが取り組んでいるIoT事業の分類と新たに加わることが発表された5種類のIoTソリューションの数々。事業強化に伴い人員も現在の約5倍まで増やすとのこと(画像はプレスリリースより)
  • IoTの普及により、これまでインターネットに接続されていなかった機器からのデータ活用が可能となり、膨大なデータ量の増加とともに新たな価値創造が行われることが予測されている(画像はプレスリリースより)
 NECは23日、IoT関連事業を強化し、新たに5種のソリューションを開発したことを発表した。同時にIoT関連システム構築を行う中核要員を現在の約100人から、2020年までに約500人に増員することを発表している。

 新たに発表されたIoTソリューションは、交通都市インフラ分野が2種、スマートエネルギー分野が1種、流通物流分野が2種と多岐に渡っている。

 内訳は官公庁、自治体向けの「土砂災害検知・予測ソリューション」、自治体、水道事業者向けの「水需要予測ソリューション」、新電力向けの「電力需要予測ソリューション」、物流業界向けの「画像・重量検品ソリューション」、小売・サービス業界向けの「VIP検知接客支援ソリューション」の5種類となる。

 物流業界向けの「画像・重量検品ソリューション」は23日から提供を開始しており、他は7月末以降から2016年度にかけて順次展開していく。

 同社は社会ソリューション事業への注力として、SDN、ビッグデータ、クラウド、サイバーセキュリティの強みを活用してIoT事業を強化していく。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top