美術作品アーカイブ「Googleカルチュラルインスティテュート」、日本の美術館8館がアプリ化 | RBB TODAY

美術作品アーカイブ「Googleカルチュラルインスティテュート」、日本の美術館8館がアプリ化

ブロードバンド その他

「東京富士美術館」アプリ画面
  • 「東京富士美術館」アプリ画面
  • 「さきたま史跡の博物館」アプリ画面
 グーグルは28日、世界中の美術館やアーカイブから展示やコレクションを検索できるサービス「Googleカルチュラルインスティテュート」のモバイルアプリを公開した。

 国立西洋美術館をはじめ、広島平和記念資料館、京都府立堂本印象美術館、立花家史料館、さきたま史跡の博物館、箱根ガラスの森美術館、東京富士美術館、浜松市立楽器博物館の、計8館の展示(展示25件、作品487点)がスマートフォンなどから閲覧可能となっている。

 アプリは各美術館ごとに個別のものが用意されており、Google Playより無料ダウンロードが可能。

 たとえばさきたま史跡の博物館のアプリには、ギガピクセルで撮影した「金錯銘鉄剣」が収録されており、肉眼では見られないようなディテールも鑑賞可能だという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top