ニフティ「NifMo」、飲食店利用料金を還元する新サービス「食べて貯める」開始 | RBB TODAY

ニフティ「NifMo」、飲食店利用料金を還元する新サービス「食べて貯める」開始

ブロードバンド 回線・サービス

「食べて貯める」利用の流れ
  • 「食べて貯める」利用の流れ
  • 「食べて貯める」(NifMoバリュープログラム)画面イメージ
  • 「NifMo」×「天丼てんや」コラボキャンペーンロゴ
  • 「NifMo バリュープログラム」ロゴ
 ニフティは28日、MVNOサービス「NifMo」の「NifMoバリュープログラム」において、飲食店での利用金額が「NifMo」利用料金に還元されるサービス「食べて貯める」の提供を開始した。提供開始を記念して、「天丼てんや」とのコラボキャンペーンも実施する。

 「NifMoバリュープログラム」は、「NifMo」が提携するショッピングサイトで買い物をしたり、アプリをダウンロードしたりすることで、毎月の利用料金が割り引かれるサービス。今回あらたに「食べて貯める」では、飲食店の利用に対応する。「NifMo」が紹介する飲食店のモニターに応募のうえ、食事をしてアンケート調査に参加すると、モニター報酬として飲食代金の一部が「NifMo」の利用料金から割引還元される。

 対応店舗は、全国のレストランや居酒屋、カフェ、ファストフード店、ラーメン店などの飲食店約1,500店舗。還元率は飲食代金の約20~100%で、店舗によって還元率や還元条件が異なる。

 なお「食べて貯める」の提供開始を記念して、テン コーポレーションが展開する天丼・天ぷらチェーン「天丼てんや」とコラボし、モニターキャンペーンを実施する。モニターに応募の上、「天丼てんや」で食事をし、「NifMo」が用意する調査に協力することで、飲食代の100%(上限500円)が「NifMo」利用料金に還元される。対象は先着1,000名で、8月31日までの実施となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top