イッツコム「インテリジェントホーム」、電子錠への対応を開始 | RBB TODAY

イッツコム「インテリジェントホーム」、電子錠への対応を開始

エンタープライズ ハードウェア

「スマートロック」外観
  • 「スマートロック」外観
  • 施錠解錠アプリ画面
  • 「スマートロック」仕様
  • システム構成
 イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)は27日、スマートホームサービス 「インテリジェントホーム」の新デバイス(機器)として、「スマートロック(電子錠)」を追加することを発表した。8月1日から申し込み受け付けを開始、8月20日から提供を開始する。

 「インテリジェントホーム」は、スマートフォンやタブレットに入れた専用アプリから、ネット接続された宅内デバイスをコントロールできるスマートホームサービス。IPカメラ、各種センサー、家電コントローラーなど、複数デバイスを組み合わせたルール設定も可能だ。東急セキュリティと連携した警備員の「駆けつけサービス」(集合住宅限定)の提供なども行っている。

 今回対応開始するスマートロックは、家の錠をスマホのアプリから施錠・解錠できるデバイス(扉の形状によっては、設置できない場合あり)。専用のICカード認証やパスワード入力による施錠・解錠にも対応する。解錠時に家電コントローラーと連動させて照明やエアコンをつけたり、家族の帰宅に合わせて解錠・撮影・メール通知を行ったりする使い方が想定されている。アパートや賃貸マンションなどの管理物件での利用も可能。

 提供価格は700円/月額で、専用カードキー3枚が付属する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top