エリクソンとソフトバンク、5Gトライアルを共同実施 | RBB TODAY

エリクソンとソフトバンク、5Gトライアルを共同実施

 エリクソンは16日、東京で5Gテクノロジーの共同フィールド試験を、ソフトバンクと実施することを発表した。5Gの商用展開は2020年頃の予定となっている。

ブロードバンド テクノロジー
Ericsson「Join us on the journey to 5G」ページ
  • Ericsson「Join us on the journey to 5G」ページ
  • 「ソフトバンク」サイトトップページ
 エリクソンは16日、東京で5Gテクノロジーの共同フィールド試験を、ソフトバンクと実施することを発表した。5Gの商用展開は2020年頃の予定となっている。

 共同フィールド試験は複数の周波数帯を用いて実施する計画で、エリクソンの5Gトライアルシステムを使い、超高速と超低遅延の通信性能を検証する。エリクソンでは、従来より広い帯域幅、高い周波数、短い送信周期をサポートする高機能のアンテナ技術を5G向けに開発中だ。

 5Gトライアル用として開発されたエリクソンの無線基地局は、ベースバンドユニットと無線ユニットから構成されている。モバイルデバイスと無線アクセスネットワーク間の相互動作の評価に重点をおいて、5G試験ネットワークに取り組んでいるという。

 ソフトバンクの常務執行役員 モバイルネットワーク担当の佃英幸氏は「ソフトバンクは、お客様のためにネットワークの継続的な改善に注力しており、5Gへの進化と新しいMTC(Machine Type Communication)アプリケーションに注目しています。パートナーであるエリクソンとともにトライアルに取り組み、5G無線アクセス技術の可能性を実証したいと考えています」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top