廉価SIM「FREETEL SIM」、ヨドバシなど主要量販店で販売開始 | RBB TODAY

廉価SIM「FREETEL SIM」、ヨドバシなど主要量販店で販売開始

 プラスワン・マーケティングは15日、廉価SIMサービス「FREETEL SIM」の提供を開始した。ヨドバシカメラ全店、ビックカメラ全店(アウトレット、カメラ館除く)、ソフマップ、コジマの主要店舗で販売を開始する。

ブロードバンド 回線・サービス
「FREETEL SIM」パッケージ
  • 「FREETEL SIM」パッケージ
  • 「使った分だけ安心プラン」の料金体系
  • 料金プラン詳細
  • 「FREETEL SIM」取扱店
 プラスワン・マーケティングは15日、廉価SIMサービス「FREETEL SIM」の提供を開始した。ヨドバシカメラ全店、ビックカメラ全店(アウトレット、カメラ館除く)、ソフマップ、コジマの主要店舗で販売を開始する。

 プラスワン・マーケティングは、SIMフリー端末「FREETEL」を提供する企業。今回SIMサービスそのものの提供にも乗り出す。「FREETEL SIM」は、データSIMが月額299円(100MB)から、音声付きSIMが月額999円(100MB)から利用できるSIMサービス。利用したデータ量に応じて、後から最適なプランが適用される「使った分だけ安心プラン」を採用しているのが特徴(上限2,470円・10GB、以降は200kbps)。上限データ使用量を使い切った場合、最初から200kbpsとなり料金は増額されない「節約モード」も用意されている。

 いずれのプランでも、最低利用期間や契約解除料の縛りはない(短期MNP転出のみ、一部手数料設定あり)。パッケージ価格(SIM発行手数料)は3000円。ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba、マルチメディア横浜、マルチメディア梅田の3店舗では、その場で開通・MNP(=携帯電話番号ポータビリティ)が可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top