PUX、認証精度を向上させた顔認識ソフトウェア「FaceU Ver.3」を提供開始 | RBB TODAY

PUX、認証精度を向上させた顔認識ソフトウェア「FaceU Ver.3」を提供開始

 パナソニックの社内ベンチャー制度で設立されたPUXは14日、「顔認識ソフトウェア FaceU Ver.3」のライセンス提供を7月から開始したことを発表した。

エンタープライズ セキュリティ
ディープ・ラーニングは人工知能の一環で、Androidの音声認識やGoogleの画像認識、Skypeの自動翻訳サービスなどさまざまな分野で活用されている(画像はプレスリリースより)
  • ディープ・ラーニングは人工知能の一環で、Androidの音声認識やGoogleの画像認識、Skypeの自動翻訳サービスなどさまざまな分野で活用されている(画像はプレスリリースより)
  • 「FaceU Ver.3」では認証精度を従来比で10%以上向上させ、組み込み機器でも動作可能な処理速度を実現している(画像はプレスリリースより)
 パナソニックの社内ベンチャー制度で設立されたPUXは14日、「顔認識ソフトウェア FaceU Ver.3」のライセンス提供を7月から開始したことを発表した。

 「FaceU Ver.3」は、業務システムPCやサーバ、タブレットなどの組込み機器向けにSDK(ソフトウェア開発キット)として提供される。

 今回、機械学習技術である「ディープ・ラーニング」という手法を活用して認識精度を向上させた点が特徴だ。

 機能としては、映像から顔検出・人物認証などを行い、年齢推定や性別判定、視線検出、笑顔推定、顔向き検出など細かな属性検出なども可能となっている。

 CPUやOSを問わず各種プラットフォームに対応。店舗や施設のモニタリングシステムや、デジタルサイネージ、受付サービス、画像検索サービスなどさまざまな用途を想定している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top