アスファルト舗装道路ひび割れ自動検出システム……東芝などが開発 | RBB TODAY

アスファルト舗装道路ひび割れ自動検出システム……東芝などが開発

ブロードバンド その他

東芝(Webサイト)
  • 東芝(Webサイト)
東芝は6月29日、同社の画像認識技術とトプコンのMMS(モバイルマッピングシステム)を組み合わせ、道路舗装面のひび割れ自動検出システムを開発したと発表した。

MMSは、自動車にデジタルカメラと3次元レーザースキャナを搭載し、道路およびその周辺の連続映像と3次元座標データを計測する車両搭載型レーザー計測装置。同システムは、MMSを搭載した自動車で走行しながら路面を動画撮影し、画像の輝度の分布からひび割れを自動検出し、ひび割れ率を算出する。

ひび割れ自動検出システムは、従来、人の手によって行っていた調査に掛かる作業時間を大幅に短縮。市町村道や生活道路等、様々な道路で使用可能で、道路状態の見える化、道路維持管理の効率化に貢献する。

東芝など、アスファルト舗装道路ひび割れ自動検出システムを開発

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top