価格50万円! Astell&Kernのハイレゾ対応最上位モデル「AK380」発売 | RBB TODAY

価格50万円! Astell&Kernのハイレゾ対応最上位モデル「AK380」発売

IT・デジタル その他

Astell&Kernのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー最上位モデル「AK380」
  • Astell&Kernのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー最上位モデル「AK380」
  • 4型の液晶を搭載
  • 背面
 アユートは26日、Astell&Kernブランドのハイレゾ対応ポータブルオーディオプレーヤー「AK380」を7月10日に発売すると発表した。直販価格は499,980円(税込)という最上位モデルとなる。26日より全国の主要家電量販店およびオーディオ専門店、直販サイトで先行予約を受け付けている。

 プロオーディオの使用環境で求められる多くのニーズに応える形で機能を強化したシリーズの最上位モデル。PCM 32bit/384kHz、DSD128(5.6MHz/1bit)のネイティブ再生、Parametric EQ(20Band EQ/0.1dB)機能、超低ジッター200Fsを実現するVCXO Clock(電圧制御水晶発振器)機能の搭載などを特長とする。

 D/A変換には、旭化成エレクトロニクス社の「VERITA AK4490」をL/R独立して1基ずつ搭載。GNDもL/R独立させたデュアルDAC構成により、単独のポータブルオーディオプレーヤーとしては驚異的なクロストークとS/N比、ダイナミックレンジの拡大と低歪化を実現している。通常の3.5mmアンバランス出力端子に加え、デュアルDACの恩恵を最大化できる2.5mm4極バランス出力端子も搭載。徹底した音質性能を追求している。

 また、高精度且つ200フェムト秒という超低ジッターを実現する電圧制御水晶を採用。電圧制御水晶発振器とは、入力電圧の変動に応じて出力周波数を変更できる周波数制御デバイスのこと。これによりオリジナルソースに限りなく忠実で正確なサウンドを実現する。

 さらに、中心となる周波数と調整する帯域の幅(Q)の値を任意に設定し音量調整することで詳細な音質調整が可能なParametric EQ(20Band EQ/0.1dB)機能も搭載した。

 DLNA機能の強化により誕生した新機能「AK Connect」も装備し、Wi-Fiを通じて同ネットワーク内のパソコンやNASサーバーなどとワイヤレス接続し、音楽データのストリーミング再生やダウンロードも行える。

 ストレージの容量は256GB。4型のタッチスクリーン、microUSBポートを備え、IEEE 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0にも対応する。本体サイズは幅79.8mm×高さ112.4mm×奥行17.9mm、重量は230g。microUSBケーブル、イタリアンレザーケース(INCAS)、画面用保護シート、背面用保護シート、microSDカードスロットカバーなどが付属する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top