クラウドファンディング「CAMPFIRE」、プロジェクトのプレスリリース配信機能を提供開始 | RBB TODAY

クラウドファンディング「CAMPFIRE」、プロジェクトのプレスリリース配信機能を提供開始

 ハイパーインターネッツが運営するクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」は24日、バリュープレスとの提携を発表した。「CAMPFIRE Apps」において、プレスリリース配信機能の提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「CAMPFIRE Apps」のプレスリリース配信機能画面
  • 「CAMPFIRE Apps」のプレスリリース配信機能画面
  • 「CAMPFIRE Apps」のプレスリリース配信機能画面
 ハイパーインターネッツが運営するクラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」は24日、バリュープレスとの提携を発表した。「CAMPFIRE Apps」において、プレスリリース配信機能の提供を開始する。

 「CAMPFIRE Apps」は、プロジェクトオーナー向けのプロジェクト運用・管理機能。今回新たに、「プレスリリース配信」の項目が追加される。プロジェクトオーナーは、AppsページからワンクリックでValuePress!へ遷移し、プレスリリースが配信可能。プレスリリース原稿の作成を補助するツールも、ValuePress!より無償提供されている。ValuePress!の利用料金は無料のフリーコース、3万円のエコノミーコース、7.5万円のメディアコンタクトコースが用意されており、「CAMPFIRE Apps」では無料コースがデフォルトとなっている(有料コースの選択も可能)。

 プレスリリース配信は、法人・個人ともに利用可能。また配信タイミングも自由に選択できる。なお、クラウドファンディング向けのプレスリリースの雛形も利用可能。なおハイパーインターネッツでは、資金調達に成功したプロジェクトオーナーに、有料プレスリリース配信権(30,000円分)をプレゼントする。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top