FREETELが国内最速でWindows 10搭載スマホ発売へ……月額299円からの新料金プランも | RBB TODAY

FREETELが国内最速でWindows 10搭載スマホ発売へ……月額299円からの新料金プランも

 プラスワン・マーケティングは22日、六本木のニコファーレで新ブランドおよび新製品発表会を開催した。

ブロードバンド その他
左からダイワボウ情報システム取締役の松本裕之氏、プラスワン・マーケティング代表取締役の増田薫氏、ヨドバシカメラ常務取締役の日野文彦氏
  • 左からダイワボウ情報システム取締役の松本裕之氏、プラスワン・マーケティング代表取締役の増田薫氏、ヨドバシカメラ常務取締役の日野文彦氏
  • プラスワン・マーケティング代表取締役の増田薫氏
  • Windows 10 Mobileフォン「KATANA 01」
  • Windows 10 Mobileフォン「KATANA 02」
  • 以前に発表のあった「Simple」、ガラスマ「Galaho(仮)」もラインアップに。「Priori 2」はOSをLollipop(5.0)にアップデート
  • FREETELでは端末を世界31カ国に提供する予定
  • Androidスマホ「雅」
  • ヨドバシカメラ常務取締役の日野文彦氏
 プラスワン・マーケティングは22日、六本木のニコファーレで新ブランドおよび新製品発表会を開催した。

 同社が手掛けるMVNOサービス「FREETEL」は、これまで「フリモバ」という名前で、格安SIMと国内外のスマートフォンをセットで提供してきた。発表会では代表取締役の増田薫氏から、新料金プランとショップ展開、およびハードウェア展開についての発表が行われた。

■月額299円からの従量制データ通信プラン

 まずは新たな料金プランについて説明。データ通信のみのプランでは、容量100MBで月額299円からサービスを提供する。従量課金制で、1GBで499円、3GBで900円、5GBで1520円、8GBで2140円、10GBで2470円と段階的な課金制となる。

 一方、音声通話付のプランについては、これに700円をプラス。SMS付プランは、140円をプラスした価格での提供となる。これは、音声通話付でも容量10GBで3170円と、一般的なキャリアにおける2GBのデータ定額プランを下回る。

「従来のプランでは通信料が先月いくらかかったかは分かっても、何ギガバイト通信したかは分かりづらかった。なので、プランを選びづらい人も多かったが、今回のプランなら大容量なデータを通信しても、一般キャリアよりも安価で安心して使っていただけます」(増田氏)

 それに加えてFREETELでは、通信回線の品質についても、最高のものを提供していくという。

「MVNOの格安SIMはいくつもあるが、安いけど繋がりにくい、スピードが出ないという声があった。FREETELではキャリアの最高スピードをそのままに、先ほど提示したような安価なプランで提供していきます。もちろん縛りもありません。積極的にシステムに投資してきたので、かけ放題や長期割などのプランも今後提供できますし、アプリごとでの通信の高速化も実現しています。例えば、iPhoneのアプリ高速化に特化したSIMカードを、“SIM for iPhone”といった形で提供していく計画です」
《丸田》

関連ニュース

特集

page top