【WWDC 15】「iOS 9」を発表!正式リリースは今秋 | RBB TODAY

【WWDC 15】「iOS 9」を発表!正式リリースは今秋

ブロードバンド その他

【WWDC 15】「iOS 9」を発表!正式リリースは今秋
  • 【WWDC 15】「iOS 9」を発表!正式リリースは今秋
  • ティム・クックCEO (C) Getty Images
  • AppleはWWDC 15で「iOS 9」を発表(ライブ配信のキャプチャ)
  • AppleはWWDC 15で「iOS 9」を発表(ライブ配信のキャプチャ)
 Appleは、サンフランシスコで日本時間9日に開催された「WWDC 15」において、iPhone/iPadなどのスマートデバイス向けの「iOS 9」を発表した。

 注目すべきは、iPadでの新機能。iOS 9ではキーボードにショートカットが追加され、コピー&ペーストなどを手軽に行えるようになった。2本の指を使ってトラックパッドのように利用できる機能も付く。Bluetoothキーボードを接続すると、アプリ切り替えなどのショートカットが利用できる。

 iPadでは、マルチタスクにも対応する。4本の指でジェスチャをすることによって、アプリを開いたまま他のアプリを呼び出して画面の端に表示可能。画面の分割比率を自由に変更することもできる。動画の再生中にメールが届けば、動画をピクチャインピクチャ表示に切り替え、再生を止めることなく返事を書くといった操作も可能になる。iPad Air/2、iPad mini2/3に対応する。

 iPhoneおよびiPadでの共通機能についてもアップデートが行われる。SiriとSpotlightがより賢くなり、アドレス帳に登録していないユーザーの予測を表示するようになるなど、提案の機能が付加された。スケジュールをもとに連絡すべきユーザーを表示したりといったことも可能。Spotlight検索の機能について、新たにAPIの利用もできるようになるため、サードパーティ製のアプリにも組み込めるようになる。

■「News」アプリが新たに追加されるも、日本は対象外

 「ノート」の機能も強化。フォントを調整できる機能が追加されたり、写真を貼り付けて簡易ワープロとして利用可能に。また、手書きメモの機能も付く。Safariなどからノートにリンクを貼り付けたりするなど、さまざまな情報の蓄積場所として役立てられるようになった。

 「マップ」では、公共交通機関での乗り換え案内に対応。地下鉄やバスの乗り換え経路も表示し、徒歩時間も含めたナビゲーションが行えるようになった。従来はサードパーティ製のアプリとの連携により実現していた機能が、「マップ」単体で利用できる。近くにあるApple Pay対応店舗を探すことも可能に。

 新たに「News」アプリが追加される。参画しているニュースメディアを選択することで、iOSデバイスごとの画面サイズに最適化した画面で最新のニュースを読める。動画のインライン表示ができるようになり、従来のように画面を切り替えることなく、ニュース記事を表示したままの動画再生が可能となった。キーワードで任意のテーマの記事だけを抽出したり、検索キーワードをお気に入りに登録したりできるようにもなっている。アメリカ、オーストラリア、イギリスが対象。

 そのほかには、システムパフォーマンスの改善、省電力モードの追加、セキュリティ機能の強化、システムアップデート時の容量縮小などの向上が図られる。

 また、Apple Payのアップデートも行われる。Squareにも対応し、個人商店やフリーマーケットでの決済にも対応できるようになる。ポイントカードとの連携もできるようになり、従来の「Passbook」は「Wallet」へと名称変更となる。また、Apple Payの対応地域として、イギリスが追加された。主要の8金融機関のほか、多数の小売店でも取り扱いを開始する。日本で開始するという旨のアナウンスはなかった。

 iOS 9は開発者向けのベータ版を本日から提供開始。正式版は秋以降に公開される。iPad 2およびiPhone 4s以降の端末に対応。
《外村克也》

関連ニュース

特集

page top