ケイ・オプティコム「mineo」、NTTドコモ回線が選択可能に | RBB TODAY

ケイ・オプティコム「mineo」、NTTドコモ回線が選択可能に

 ケイ・オプティコムは26日、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」について、NTTドコモ回線を利用したプランを提供することを発表した。9月から提供を開始する。

エンタープライズ モバイルBIZ
パケットギフトサービスのイメージ
  • パケットギフトサービスのイメージ
  • mineoアンテナショップのイメージ
 ケイ・オプティコムは26日、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」について、NTTドコモ回線を利用したプランを提供することを発表した。9月から提供を開始する。

 「mineo」は、KDDI(au)回線を初めて利用したMVNOサービスとして2014年6月よりサービスを開始。データ通信、音声通話、スマホ端末から必要な機能を選んで選択できるのが特徴となっている。

 今回新たに、日本初の個人向けマルチキャリアMVNOとしてNTTドコモ回線を利用したプランの提供を行う。なお法人向けには、IIJがNTTドコモ回線とKDDI回線を選択できるプランを提供している。月額利用料金など詳細は現時点で未定だが「市場価格と同等の料金水準を予定」しているとのこと。

 あわせて、現在提供中の家族間で余ったパケットがシェアできる「パケットシェア」機能を拡充し、家族内で異なるキャリアを利用している場合でもパケットがシェアできる「パケットギフト」機能を9月より開始する。「パケットギフト」機能は、au同士、ドコモ同士、au・ドコモといった異なるプラン間でも、パケットを送ることが可能。

 また同社では7月1日より、最低利用期間を、シングルタイプ・デュアルタイプともに撤廃する。ただし、短期間でのmineoから他社へのMNPには解約精算金相当の転出手数料を設定する。

 なおケイ・オプティコムでは、7月中旬にJR大阪駅前の大型商業施設「グランフロント大阪」内の「ナレッジキャピタル」にmineoアンテナショップをオープン。9月より海外渡航者向けプリペイドSIMの販売、10月より訪日外国人向けプリペイドSIMの販売を開始する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top