ゼンリンデータコムが多言語地図をAPIで提供……東京五輪に向けたインバウンドを視野 | RBB TODAY

ゼンリンデータコムが多言語地図をAPIで提供……東京五輪に向けたインバウンドを視野

 ゼンリンデータコムは、東京ビッグサイトで開催中の「Japan IT Week 春 2015」でインバウンド向けの多言語地図に関する展示を行った。

ブロードバンド その他
インバウンド向けの多言語地図に関する展示を実施
  • インバウンド向けの多言語地図に関する展示を実施
  • インバウンド向けの多言語地図に関する展示を実施
  • スマートフォンを使用したデモ
  • 2020年東京オリンピックに向けて更なる展開を検討中
 ゼンリンデータコムは、東京ビッグサイトで開催中の「Japan IT Week 春 2015」でインバウンド向けの多言語地図に関する展示を行った。

 同社では現在APIなどで展開している地図について、インターフェイスや地域表記を英語、韓国語、中国語の簡体と繁体に翻訳。ビル名など一部は非対応な部分もあるが、すでに運用が開始されているという。表記の更新もゼンリンが年6回行っているアップデートにあわせて行い、さらにネイティブチェックを行うことで、情報の整合性を図っているようだ。

 この多言語地図はすでに訪日外国人の利用が見込まれているような飲食店、観光サイトなどで利用されており、2020年の東京オリンピック開催に向けて更なる展開を検討しているという。

 今回は大型のデジタルサイレージに多言語地図を表示するデモが行われていたが、このような運用は観光案内の窓口、ホテルのコンシェルジュ、鉄道のインフォメーションセンターなどでの利用を想定。これにより多言語が話せるスタッフを常駐させることが困難な場所でも、訪日外国人から頻繁に受けるような質問に対応できるようなるという。

 その他、同社では現在デジタルサイレージやスマートフォンなどに表示させるアプリ、サイトについても、多言語地図を含めたコンテンツをパッケージで提案している。主な内容は観光案内や乗り換え案内などで、その運用やカスタマイズについてもサポート。多言語に対応するオペレーションセンターとの連携も案内しており、行政から観光産業まで幅広い事業者にサービスを提案しているようだ。
《飛田九十九》

関連ニュース

特集

page top