東芝と日本IBM、ドライバーの生体情報を自動車運転に活用する技術で協力 | RBB TODAY

東芝と日本IBM、ドライバーの生体情報を自動車運転に活用する技術で協力

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ソリューションのイメージ図
  • ソリューションのイメージ図
  • 東芝の貼付け型ウェアラブル生体センサ「Silmee Bar type」(参考イメージ)
  • 東芝の貼付け型ウェアラブル生体センサ「Silmee Bar type」(参考イメージ)
 東芝と日本アイ・ビー・エムは14日、ドライバーの生体情報を活用した、自動車運行管理ソリューションの研究・開発で、協力することを発表した。2015年中に欧州等での実証実験を開始する。

 この新技術は、ドライブレコーダーやGPSといった従来情報に、ドライバーの健康状態や生体情報を加味し、安心・安全・省エネルギーな運転技術を実現するもの。「ストレスが過度にかかる道路の通行を避ける」「ドライバーへの休憩の指示・シフト組み替えなどを行う」など、従来にないソリューションを目指す。

 リストバンド型活動量計で収集したドライバーの睡眠状況や生体情報と、ドライブレコーダーで計測した道路交通情報を、タイムリーにクラウド上のプラットフォームを利用してビッグデータ解析を行う。これにより、最適運転経路への誘導や、事故率の高い経路を回避することができるという。将来的には運送会社・タクシー会社・保険会社など幅広い企業へサービスを提供する。

 東芝では、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証事業の調査を受託しており、実証前の予備調査として欧州での実験を実施する計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top