NECと台湾・鴻海、データセンター事業で協業 | RBB TODAY

NECと台湾・鴻海、データセンター事業で協業

エンタープライズ 企業

「フォックスコン(鴻海科技集団)」サイト
  • 「フォックスコン(鴻海科技集団)」サイト
  • 「UNIVERGE PFシリーズ」の概要
 日本電気(NEC)は27日、台湾の鴻海(ホンハイ)グループとデータセンター事業での協業に合意した。

 鴻海は、世界最大の電子機器受託生産(EMS)事業者で、フォックスコン(鴻海科技集団)の中核会社。近年は、データセンターの建設などに取り組むなど、事業を拡大している。今回の協業で鴻海は、台湾内に設置した鴻海 高雄データセンターに、NECのSDN技術・製品や運用管理ソリューションを導入し、クラウドサービス(IaaS)を構築したという。

 採用されたのは、SDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」「クラウド管理基盤ソリューションMasterScope(日本名WebSAM)」など。NECは「NEC神奈川データセンター」でSDNを実運用しており、そのノウハウを活用し、鴻海のデータセンターをバックアップするとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top