Apple Watch対応アプリ、各社が続々公開……LINE、Twitter、懐かしの「たまごっち」も | RBB TODAY

Apple Watch対応アプリ、各社が続々公開……LINE、Twitter、懐かしの「たまごっち」も

ブロードバンド その他

アップル公式サイトの「Apple Watch」アプリ紹介ページ
  • アップル公式サイトの「Apple Watch」アプリ紹介ページ
  • iPhoneの「Apple Watch」アプリ画面
  • 懐かしのたまごっちもApple Watchでプレイ可能
  • 予定表と占いを融合させたアプリ「4tune」
 アップルの腕時計型ウェアラブル端末「Apple Watch」が24日、販売を開始した。これにあわせて、さまざまなアプリケーションが対応を発表している。また今後はさまざまな新規アプリも発表されると思われる。

 基本的に、Apple Watchを利用するには、まずiOSをソフトウェアバージョン8.2以降にアップデートする必要がある。さらに、iPhone側とペアリングを行う必要がある。これにより、iPhone側のアプリとの連携が利用できる。

 iPhone側には「Apple Watch」アプリが用意されており、ここからApple Watchの設定やオプションをカスタマイズ可能。App Storeにアクセスし、Apple Watch用アプリ(Apple Watchに対応したiPhoneアプリ)をダウンロードしてインストールするのも、「Apple Watch」アプリが起点となる。

 なおペアリングしたiPhoneがそばになくてもApple Watch単体で、時計やストップウォッチ、同期済みの音楽再生、アクティビティやワークアウトの追跡、同期済み写真の表示、Apple Payなどは利用可能だ。

 「Instagram」「LINE」「Twitter」「NAVITIME」「JAL Countdown」などの既存アプリは、アップル公式ページでも紹介されているが、そのほかにも各社が、自社アプリの対応を表明。ザッパラスは24日、予定表と占いを融合させたアプリ「4tune」の提供を開始。バンダイナムコエンターテインメントは、育成ゲームアプリケーション「スマホで発見!!たまごっち」のApple Watch対応を開始。リクルートは、エンタメアプリ「KOLA」、不動産・住宅情報アプリ「SUUMO」、クーポン受け取りアプリ「ショプリエ」を、Apple Watchの販売開始にあわせて発表している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top