ジョージアとセブンのWネーム……プライベートリザーブをいつ飲むか | RBB TODAY

ジョージアとセブンのWネーム……プライベートリザーブをいつ飲むか

エンタメ その他

セブンプレミアム×ジョージア「ジョージア プライベートリザーブ」
  • セブンプレミアム×ジョージア「ジョージア プライベートリザーブ」
  • セブンプレミアム×ジョージア「ジョージア プライベートリザーブ」
  • 「ジョージア プライベートリザーブ」のテイスティング
  • 「ジョージア プライベートリザーブ」
●果肉の甘み・酸味・うまみを移行

 日本コカ・コーラとセブン&アイ・ホールディングスは、缶コーヒーのセブンプレミアム×ジョージア「ジョージア プライベートリザーブ 」シリーズを共同企画、21日に発売した。新製品3種類をさっそくテイスティングしてみた。

 様々なコーヒー製品が市場に投入されている昨今、コーヒーの品質にこだわる消費者も増えているようだ。「ジョージア プライベートリザーブ」では、収穫したコーヒー豆を果肉がついたまま貯蔵庫で50日以上長期熟成させた。果肉から水分が失われる過程で果肉の甘み・酸味・うまみが豆に移行凝縮されるという。

 シリーズは「ブレンド」、「微糖」、「ブラック」の3種類をラインナップ。「ブレンド」と「微糖」は185g缶/100円、「ブラック」は290mlボトル缶/118円。セブン&アイグループ約1万8000店で販売される。

 テイスティングには30~40代男性が中心に集まり、女性や若い年齢層も参加した。参加者は一般消費者なので、微妙な味わいや表現に慣れていないことから、「仕事中または仕事の休憩中に飲む」ことを前提に、こういう味がこういうシチュエーションに合っている、と評価してもらった。

●ブレンド……後味でバランス

 まず「ブレンド」は、「口に入れた瞬間に『缶コーヒー』の味ではなくちゃんとした『コーヒー』の香りがした。休憩時などでタバコのお供としてちょうど良い甘さと安心感がある」「熟成豆のコクがある。コーヒーの水っぽさを感じることもなく、強い主張もない、絶妙な味わい。マイルドだが甘ったるくはなく、ミルクの濃さを感じながらも、後味がスッと消える」と、コーヒーとミルクとのバランスが評価された。

《高木啓》

関連ニュース

特集

page top