米沢市、ふるさと納税の返礼品にレノボ製ノートPC等を採用 | RBB TODAY

米沢市、ふるさと納税の返礼品にレノボ製ノートPC等を採用

エンタープライズ その他

米沢市役所サイトのふるさと納税に関するページ
  • 米沢市役所サイトのふるさと納税に関するページ
  • 350,000円以上の寄附で「ThinkPad X1 Carbon」「NEC LaVie Direct HZ」がもらえる
 レノボ・ジャパンは13日、山形県米沢市ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)の返礼品として、同社のノートPC「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X250」が採用されたことを発表した。各100台の限定となっている。

 「ThinkPad X1 Carbon」は、14.0型WQHDマルチタッチ液晶・カーボン素材を採用した堅牢軽量PC。「ThinkPad X250」は12.5型の薄型軽量PCだ。両機種とも、今年2月よりNECパーソナルコンピュータの米沢事業場で生産されていることから、地域振興の一助として採用が決定した。なお、米沢市は、NECのノートパソコン発祥の地でもあるという。

 米沢市役所サイトによると、「NEC LaVie Direct HZ」「NEC LaVie Direct NS(e)」も、ふるさと納税寄附の返礼品として選択可能で、計4機種がセレクト可能となっている。150,000円以上の寄附で「NEC LaVie Direct NS(e)」が、200,000円以上の寄附で「ThinkPad X250」が、350,000円以上の寄附で「ThinkPad X1 Carbon」「NEC LaVie Direct HZ」がもらえる。同日より受付開始で、インターネット「ふるさとチョイス」からの申込限定となる。確保数量に達した時点で受付は終了。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top