Apple Watchなどの「リストバンド型活動量計」、興味があるのは27.7% | RBB TODAY

Apple Watchなどの「リストバンド型活動量計」、興味があるのは27.7%

ブロードバンド その他

「リストバンド型活動量計」の利用状況
  • 「リストバンド型活動量計」の利用状況
  • Instagramでのフォロー対象
  • コーディネートアプリの利用状況
 ジャストシステムは9日、『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年3月度)』の結果を発表した。調査期間は3月27日~31日で、アンケートサービス「Fastask」モニタの、15歳~69歳の全国男女1,100名から回答を得た。

 それによると、「Apple Watch」のように、スマホ連携し、腕に巻いてヘルスデータを計測・記録できる「リストバンド型活動計」に、27.7%の人が興味を持っていた。内訳は「現在利用している」2.9%をはじめ、「以前は利用していたが、今は利用していない」2.2%、「存在は知っており、興味はある」22.6%となっている。

 そのほか調査項目は多岐に渡っており、服のコーディネートを閲覧したり、商品を購入したりできる「コーディネートアプリ」で、認知率が高かったのは「WEAR」18.0%、続いて「iQON」16.5%、「Staff Snap」13.4%の順。また、写真共有サービス「Instagram」ユーザーのフォロー先では、「女優や俳優」41.0%が1位で、以下「モデル」30.8%に続き、「企業のブランド」28.2%、「企業」24.4%が上位にあることも明らかとなった。「企業」「企業のブランド」をフォローしている割合は、全ユーザーのうち29.2%となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top