【Interpets 2015 Vo.10】ペットの健康に関する知識が深まる、ロイヤルカナン ジャポンのツアー展示 | RBB TODAY

【Interpets 2015 Vo.10】ペットの健康に関する知識が深まる、ロイヤルカナン ジャポンのツアー展示

エンタメ その他

ツアーの説明を担当するロイヤルカナン ジャポン コーポレートアフェアーズ サイエンティフィック コミュニケーションマネージャー 原田洋志氏
  • ツアーの説明を担当するロイヤルカナン ジャポン コーポレートアフェアーズ サイエンティフィック コミュニケーションマネージャー 原田洋志氏
  • 5つのライフステージごとの解説を聞くことで、ペットにとって最適な栄養の知識を学ぶことができる
  • 5つの“運だめし”で当たりが出たら、ツアー後にプレゼントがもらえる
  • ロイヤルカナン ジャポンの山本社長
  • ブランドの商品ラインナップも紹介
 ペットフードを開発・販売するロイヤルカナン ジャポンは、今年もインターペットに出展している。会場では同社が掲げる“ヘルス ニュートリション”という理念を紹介するためのクイズ形式のパネル展示が注目を集めていた。

 ブース内ではペットの「5つのライフステージ」に沿って、0ヶ月齢から順に回るツアーを順次開催している。5箇所のパネル展示ごとに各ステージに関する質問カードを引いて“運だめし”をしながら、同社のスペシャリストの解説を聞いて、ペットのために大事な健康に関する基礎的な知識を学ぶことができる。

 5つのライフステージをツアー形式で回ることで、ペットが高齢期にも健やかに過ごせるような知識が身につくというゲーム感覚の展示が面白い。5つの質問カードから「当たり」が出れば、ツアーの終了後に特別な景品ももらえるので、ぜひ参加してみてはいかがだろうか。

 本日ブースには同社社長の山本俊之氏が駆けつけ、プレス向けの説明会開催に向けて挨拶した。山本氏は「ロイヤルカナンは犬・猫を中心に、家族の一員であるペットの年齢や種類、品種やサイズなどによってことなる栄養ニーズに着目して、それぞれに最適なフードを商品化している。今回のインターペットには栄養学のエキスパートである社員が一同参加して来場者の皆様とコミュニケーションを深めていきたいと考えている」とコメントし、イベント出展への意欲をアピールした。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top