最大360倍ズームが可能なフルHDネットワークPTZカメラが発売 | RBB TODAY

最大360倍ズームが可能なフルHDネットワークPTZカメラが発売

エンタープライズ セキュリティ

最大360度の高倍率撮影が可能な、水平・上下旋回が可能な旋回台を備えたフルHDネットワークPTZカメラ。写真は屋内用の「N-C3500」(画像は公式サイトより)
  • 最大360度の高倍率撮影が可能な、水平・上下旋回が可能な旋回台を備えたフルHDネットワークPTZカメラ。写真は屋内用の「N-C3500」(画像は公式サイトより)
  • 屋外用の「N-C3700」は、防じん・防水仕様のIP66に対応したハウジングを採用しているので、屋外の壁や天井にそのまま設置できる(画像は公式サイトより)
 TOAはフルHDによる高画質録画が可能な防犯カメラシステム「TRIFORAシリーズ」に、フルHDネットワークPTZ(パンチルトズーム)カメラ2機種を追加し発売した。最大360度の高倍率ズームと、水平・上下旋回が可能な旋回台を搭載しているのが特徴。

 「TRIFORAシリーズ」はLANなどのネットワークに直接接続し、映像の監視・抑制が行えるセキュリティ用映像ネットワークシステム。いずれもフルHD画質と最大30fpsという滑らかな動きで録画できる。エンコードにはH.264を使用する。

 今回発売された2機種は、光学30倍ズームと12倍のデジタルズームにより最大360度の高倍率撮影が可能で、水平・上下旋回が可能な旋回台を備えたフルHDネットワークPTZカメラ。屋内用の「N-C3500」と、IP66対応の防水筐体を使った屋外用の「N-C3700」の2機種。

 旋回台は最大400度/秒という高速旋回が可能で、あらかじめ特定の位置情報(ポジション)を255カ所まで登録、ワンタッチで呼び出しできる「プリセット機能」を搭載。夜間は高感度の白黒撮影に切り替える「デイナイト機能」、逆光時でも鮮明に撮影する「WDR機能」なども備え、昼夜問わず使用できる。

 商業施設やオフィスビル、多店舗展開するチェーン店の遠隔監視のほか、公園や屋外施設の防犯での使用を想定している。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top