茨城県警、コンビニ強盗未遂事件の防犯カメラ映像を公開 | RBB TODAY

茨城県警、コンビニ強盗未遂事件の防犯カメラ映像を公開

ブロードバンド セキュリティ

犯人は鉄パイプのようなものを小脇に抱えて店員を脅したという。マスクに帽子で素顔は見えないが、その他の特徴はいくつか確認できる(画像は茨城県警のWebより)。
  • 犯人は鉄パイプのようなものを小脇に抱えて店員を脅したという。マスクに帽子で素顔は見えないが、その他の特徴はいくつか確認できる(画像は茨城県警のWebより)。
 茨城県警は、24日に発生した強盗未遂事件の犯人画像を公式Webの「未解決凶悪事件」にて公開した。

 概要は、北相馬郡利根町四季の丘地内のセブン-イレブン茨城四季の丘店で発生した強盗未遂事件で、犯行時刻は24日1時29分ころ。店内に侵入した犯人が従業員に鉄パイプのようなものを突きつけて現金を要求したが、結果的に何も取らずに逃走した。

 防犯カメラに捉えられた犯人は、年齢不詳で身長165~170cmくらいのやせ型。迷彩柄のジャンパーに白色の作業ズボン、野球帽とマスク着用していた。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top