カギの管理に関する注意喚起/盗難防止機能付きIoTスーツケース【週刊防犯ニュースTOP5】 | RBB TODAY

カギの管理に関する注意喚起/盗難防止機能付きIoTスーツケース【週刊防犯ニュースTOP5】

IT・デジタル セキュリティ

キーに刻印された番号や形状から、ごく簡単に合鍵を作製できてしまうことは、カギに少し詳しければ常識。そうしたリスクを認識することで適切なキーの管理を実現できる(撮影:防犯システム取材班)
  • キーに刻印された番号や形状から、ごく簡単に合鍵を作製できてしまうことは、カギに少し詳しければ常識。そうしたリスクを認識することで適切なキーの管理を実現できる(撮影:防犯システム取材班)
  • 「レスキューランジェリー」は災害時の避難所における使用を想定した防災備蓄下着。ブラジャー・ショーツ・布ナプキン・洗剤・簡易洗濯バッグの5点セットで構成(撮影:防犯システム取材班)
  • DNN-IPは人間の脳神経回路を模したアルゴリズムで、人間と同等以上の認識処理が期待されている。両社は共同でDNN-IPの小型化と省電力化を実現し、車載用プロセッサーへの実装に向けた開発を行っていく(画像はプレスリリースより)
  • エースのPROTECA MAXPASSシリーズは国産スーツケースとして高い人気を誇る。機内持ち込み最大級は40リットル。2015年からデザインオフィスnendoと協業しており、今回のソフトバンクが加わることで、IoTスマートラゲージ製品を発売する(画像はプレスリリースより)
  • 同事件は10月24日に容疑者の検挙が警視庁の公式Twitter「警視庁刑事部『公開捜査』/@MPD_keiji」にて報告されている(画像は公式Webサイトより)
 先週1週間でお伝えしてきた防犯&防災、セキュリティに関するニュースから多くの読者の関心を集め、特に注目したい記事をランキング形式で紹介する「週刊防犯ニュースTOP5」。今週は、カギの防犯に関する注意喚起やAIやIoTなどの注目のキーワードに関連したニュースが複数ランクインしている。

【第5位】
運転手の抵抗に遭い逃走したタクシー強盗の容疑者画像が公開
公開日:2016年10月21日(金)

 第5位は、警視庁が20日に公式Twitter「警視庁刑事部『公開捜査』/@MPD_keiji」や公式Webサイトなどにて公開した、6月23日午前6時15分ころに発生したタクシー強盗の容疑者画像や防犯カメラなどがとらえた映像の公開に関する記事。

 同事件は、24日に警視庁が容疑者の検挙を伝えており、無事に事件解決となった。




【第4位】
盗難&ロストバゲージ対策を実現するIoT対応のスーツケース
公開日:2016年10月17日(月)

 続いては、エース、ソフトバンク、nendoの3社が開発を発表した次世代型IoTスマートラゲージ(スーツケース)に関する記事。

 デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォーム 「DoT. (Design of Things)」を活用した取り組みで、盗難防止やロストバゲージ対策を目指したスーツケースとなる。

 飛行機への持ち込みができる最大容量を実現したモデルで、スマートフォンと連携して相互追跡ができる盗難防止機能を備えており、大容量バッテリーと専用充電コードを備えながら、ベースモデルの「PROTECA」とほぼ同等の容量や重量を目指している。




【第3位】
安全な自動運転を実現へ、デンソーと東芝がAI技術を共同開発
公開日:2016年10月18日(火)

 第3位は、今、注目の自動運転やAIに関連したデンソーと東芝による取り組みに関するニュースだ。

 詳細としては、デンソーと東芝の両社が、自動運転を実現する画像認識システム向けの人工知能技術(Deep Neural Network-Intellectual Property(DNN-IP))で共同開発を行うことに合意したというもの。

 共同開発における役割分担としては、デンソーが従来から開発していたDNN-IPの画像センサーへの応用を行い、東芝は、共同開発したDNN-IPの専用ハードウェア化と、車載用画像認識プロセッサー「Visconti(TM)シリーズ」等への実装を行う。




【第2位】
被災した女性の体と心を守る「レスキューランジェリー」とは?
公開日:2016年10月20日(木)

 第2位は、災害時に女性が快適な避難所生活をおくれるようにと開発された非常時用防災備蓄下着「レスキューランジェリー」。

 災害用の下着というと使い捨てものが多かったが、同製品は、洗濯して繰り返し使用できる点が特徴で、ブラジャー・ショーツ・布ナプキン・洗剤・簡易洗濯バッグの5点で構成された下着セットとなっている。

 付属の簡易洗濯バッグと洗剤、そして水を使って、つけおき&揉み洗いができ、ひと目が気になる干す際にも、洗濯バックを目隠用に下着に被せて、干すことができる。




【第1位】
ネット注文できる合鍵作成サービスの悪用にご用心……鍵業者が注意喚起
公開日:2016年10月21日(金)

 先週もっとも読まれた防犯記事の第1位は、カギ業者が実際の犯罪事例を挙げて、注意喚起したカギの管理に関する記事。

 注意喚起の要旨としては、キーに刻印されている「鍵番号」が、鍵の種類や形状を表す情報であり、鍵に書いてある番号だけでインターネットで注文し、合鍵を作製することが可能だというもの。

 2000年代前半にピッキング犯罪が蔓延し、一時は高まったカギへのセキュリティ意識だが、現在はピッキング犯罪も沈静化し、便利さ先行の製品が増えつつ状況を鑑みると、改めて「カギのセキュリティ」について考えさせてくれる注意喚起だといえる。




>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top