リリー・フランキーがアクションに初挑戦! ピエール瀧と決闘 | RBB TODAY

リリー・フランキーがアクションに初挑戦! ピエール瀧と決闘

エンタメ 映画・ドラマ

映画『極道大戦争』より
  • 映画『極道大戦争』より
  • 映画『極道大戦争』より
  • メイキング写真
 6月20日公開の三池崇史監督、市原隼人主演の映画『極道大戦争』で、組長役のリリー・フランキーがアクションシーンに初挑戦することがわかった。今回公開された場面写真もリリーが刀を振りかざしているという、普段のリリーのイメージからギャップのあるものだ。

 ヤクザヴァンパイアである組長を務めたリリーは、同作の出演シーンそのほとんどがアクションシーンだったという。「アクションシーンを演じること自体が初めてだったので、分からないことばかりだったのですが、撮影はとても楽しかったです。これまでは、自然体な感じの役で呼んでいただくことが多かったので、汗を流すとか、身体を動かすということを、ほとんど経験したことがなくて。そういう意味でも、今回はすごく爽快感がありましたし、撮影が終わったあとも高揚している感じでした」と撮影を振り返ったリリー。

 そんな彼が今回対決する相手は、なんと公私共に親交の深いピエール瀧。瀧は、リリーと対立する極道の組長を演じ、今回公開された場面写真も、リリーが一人瀧の組へと攻め入り、手下たちとの立ち回りの後、瀧が演じる組長を追いつめ、対決するというシーンである。

 二人は撮影当時を振り返り、まずリリーは「今回、瀧を斬るシーンがあったんですが、瀧だったら刀が当たってもいいかなと(笑)。なので、やりやすかったです」と冗談交じりに語り、瀧は、「リリーさんにバッサリ斬られるところのアクションシーンは、リリーさんのことを一切信用していませんでした。ずっと、これ当たるんじゃないかと思ってました」と語り、お互いを信用しているのか信用していないのかわからない絶妙な駆け引きがあったことを明かした。

 “極道のアクション”というイメージからは想像がつかない朗らかな雰囲気の2人だが、今作では仲の良い2人の決闘と彼らの変貌ぶりも見どころだ。

 『極道大戦争』6月20日よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー。
 
《田中沙織》

関連ニュース

特集

page top