実写版映画『寄生獣』、イタリアのウディネ・ファーイースト映画祭に出品決定! | RBB TODAY

実写版映画『寄生獣』、イタリアのウディネ・ファーイースト映画祭に出品決定!

エンタメ 映画・ドラマ

『寄生獣』-(C)2015 映画「寄生獣」製作委員会
  • 『寄生獣』-(C)2015 映画「寄生獣」製作委員会
  • 『寄生獣』-(C)2015 映画「寄生獣」製作委員会
  • 『寄生獣 完結編』-(C)2015 映画「寄生獣」製作委員会
  • 『寄生獣 完結編』-(C)2015 映画「寄生獣」製作委員会
  • 染谷将太(新一役)&深津絵里(田宮役)/『寄生獣 完結編』-(C)2015 映画「寄生獣」製作委員会
染谷将太を主演に、“日本マンガ史上最高傑作”といわれた人気マンガを実写映画化し、4月に『完結編』が公開となる『寄生獣』二部作。このほど『寄生獣』が、4月23日(現地時間)よりイタリアで開催されるウディネ・ファーイースト映画祭「コンペティション部門」で上映されることが決定した。

累計1,200万部を超える岩明均の大ヒットコミックを、2部作で実写映画化した本作。人間に寄生し、捕食する謎の生物“パラサイト”に襲撃されたものの、危うく脳の乗っ取りを免れた高校生の新一(染谷将太)が、右腕に寄生したパラサイトのミギー(阿部サダヲ)と共に、地球への侵略を企むパラサイトたちと戦いを繰り広げていく…。

染谷さん、阿部さんを始め、深津絵里、橋本愛、浅野忠信ら日本映画界を代表する豪華俳優が競演する本作。今回、『寄生獣』の出品が決定したウディネ・ファーイースト映画祭は、イタリア北部の都市・ウディネで開催される映画祭で、東アジアの作品をヨーロッパに紹介することを旨とし、大作からミニシアター系の作品まで幅広いジャンルの良作を選出。今年度は10の国と地域から56作品が上映される予定となっている。

本作でメガホンを握った山崎貴監督は、過去に『ALWAYS 三丁目の夕日』('06)、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』('08)、『永遠の0』('14)に続いて4度目の選出。特に、昨年は『永遠の0』が観客賞の最高位「ゴールデン・マルベリー賞」を受賞している縁深い映画祭でもある。

同映画祭の最高責任者サブリナ・バラチェッティ氏は、今回の出品について「『寄生獣』は、現代社会のウイルスへの恐怖感を反映しながらも、ブラックコメディと終末的なサイエンスフィクションのちょうど中間という難しいツボを押さえています。おかしくも恐ろしい、現代の空気を驚くほど捉えた作品です」とコメントを寄せている。

同映画祭で同じ監督の作品が2年連続で観客賞の最高位を受賞した例はなく、もしも本作が受賞すると映画祭史上初の快挙となる。

『寄生獣 完結編』は4月25日(水)より全国東宝系にて公開。

実写版『寄生獣』、イタリア開催のウディネ・ファーイースト映画祭に出品決定!

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top