たけし、現行の少年法に疑問 「現状にマッチしていない」 | RBB TODAY

たけし、現行の少年法に疑問 「現状にマッチしていない」

エンタメ その他

北野武
  • 北野武
  • 北野武
 タレントのビートたけしが16日放送のテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」に出演。現行の少年法や、少年犯罪の報道の在り方に対し私見を述べた。

 この日の放送は神奈川・川崎市で起こった中学1年の男子生徒が仲間の18歳の少年らに殺害された事件について、現行の少年法に基づく実名報道の在り方や、少年法の是非について議論が展開。加害者の18歳少年の実名や顔写真を掲載した「週刊新潮」を発行している新潮社の常務取締役らをゲストに迎え、実名報道の賛否などについて、それぞれの主張を繰り広げた。

 たけしは冒頭に意見を求められ、「法が追いついていない。現状にマッチしていない」と、現行の少年法について言及。さらに「『法は守らないといけない』という前提になると、間違った法でも犯してしまったら罪になる。そこらへんが難しいというかガチャガチャしている」と疑問を呈した。

 その後、少年犯罪と実名報道の歴史をまとめたVTRが流れ、それを受けて、たけしは「被害者はあくまで被害者」だと前置きし、「被害者側の名前や写真、家族などの情報について報道されることに被害者側の承諾が必要」だと主張。一方、「加害者はあくまで加害者だから実名報道だと思う」といい、現状の実名報道の在り方が「被害者と加害者の立場が逆」だと私見を述べた。

 また、たけしは犯罪を犯した少年が入る更生施設について、「犯罪を犯した奴がそこにまとまるわけだから、もっと悪くなる」と苦笑い。「(犯罪者は)隔離すべきだって、良い子が集まるところに」と、持論を展開した。
《花》

関連ニュース

特集

page top