NTT Comが米FireEyeと協業、リアルタイムマルウェア検知を提供開始 | RBB TODAY

NTT Comが米FireEyeと協業、リアルタイムマルウェア検知を提供開始

エンタープライズ セキュリティ

サービスの提供イメージ。日本を拠点とする顧客に先行して提供を行い、順次海外展開も行う予定だ(画像は同社リリースより)。
  • サービスの提供イメージ。日本を拠点とする顧客に先行して提供を行い、順次海外展開も行う予定だ(画像は同社リリースより)。
 NTTコミュニケーションズは米大手サイバーセキュリティ企業FireEye,Inc.と協業し、情報漏洩などのセキュリティ脅威リスクを大幅に低減できるリアルタイムマルウェア検知サービスを、2015年度第1四半期より提供開始する。

 未知のマルウェアを検出する「WideAngleマネージドセキュリティサービス リアルタイムマルウェア検知」の対応範囲を、ネットワークに接続されたPCやサーバーなどエンドポイントまで拡大した点が特徴となる。

 高度なマルウェアをリアルタイムで動的に解析するFireEyeプラットフォームの核となる特許技術「MVXエンジン」を使用して、複数経路から侵入したマルウェアの感染を検知および分析、遠隔での感染端末の隔離も迅速に対応できる。料金体系は利用ユーザー数に応じた形となり個別対応となる。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top