緊急地震速報の受信が可能、「ドコモビジネストランシーバ」に新端末 | RBB TODAY

緊急地震速報の受信が可能、「ドコモビジネストランシーバ」に新端末

エンタープライズ その他

車載タイプ「iMH-1000」(画像はプレスリリースより)
  • 車載タイプ「iMH-1000」(画像はプレスリリースより)
  • ハンディタイプ「iVo-300」(画像はプレスリリースより)
 NTTドコモは法人向けのパケット通信を利用したトランシーバサービス「ドコモビジネストランシーバ」に、緊急地震速報の受信に対応した新端末を発表した。車載タイプの「iMH-1000」が10日発売、ハンディタイプの「iVo-300」が23日発売となる。

 車載タイプトランシーバ「iMH-1000」は、緊急地震速報、津波警報、災害・避難情報の受信に対応。ハンディタイプトランシーバ「iVo-300」は、緊急地震速報の受信に対応し、本体は防水・防塵仕様となっている。通常モードで約9時間、エコモードで約13時間動作する。

 両機種ともGPS機能とデータ連携サービスとの組み合わせにより、端末の位置情報管理が可能となっている。月額利用料は長期利用コース2,200円、短期利用コース3,000円。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top