スピーカーを繋げばオーディオレシーバーにもなる無線LAN中継器 ASUS | RBB TODAY

スピーカーを繋げばオーディオレシーバーにもなる無線LAN中継器 ASUS

IT・デジタル 周辺機器

コンセント直挿しタイプで、正面に確認用のLEDインジケーターを搭載
  • コンセント直挿しタイプで、正面に確認用のLEDインジケーターを搭載
  • ホテルの有線LANを無線化して利用も可能
 ASUSは4日、無線LANオーディオレシーバー機能を搭載する無線LAN中継器「RP-AC52」を5日から日本で発売すると発表した。価格はオープンで、予想実売価格は7,000円前後。

 同機は、家庭内などで無線LANの電波が届かない場合などに電波を中継することで到達距離を伸ばすことができる無線LAN中継器。IEEE802.11 ac/n/a/g/bに対応しており、最大転送速度433Mbpsで高速なデータ転送を行える。

 オーディオ出力端子を備えており、スマートフォンからワイヤレスで音楽再生を行える無線LANオーディオレシーバー機能を搭載していることが特長。アンプ内蔵スピーカーを接続して、操作は専用音楽プレイヤーアプリ「ASUS AiPlayer」で行う。対応音楽ファイル形式は、FLAC、AAC、WAV、MP3の4種類で、FLAC、AAC、WAVは96kHz/24bitまで、MP3は44.1kHz/16bitまでのファイルを再生できる。また、インターネットラジオも再生できる。

 コンセント直挿しタイプで、確認用のLEDインジケーターを搭載。無線LANアクセスポイントの機能も搭載しているので、旅行や出張に持って行けばホテルの有線LANを無線化して使うことも可能だ。本体サイズは幅54mm×奥行き31mm×高さ85mm、重量は90g。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top