ドコモ、「ネットワーク仮想化技術」を2016年3月より実用化 | RBB TODAY

ドコモ、「ネットワーク仮想化技術」を2016年3月より実用化

ブロードバンド テクノロジー

システムの構成イメージ
  • システムの構成イメージ
  • 「ネットワーク仮想化技術」のイメージ(2014年5月発表資料より)
 NTTドコモは2日、「ネットワーク仮想化技術」を2016年3月より実用化・商用化する方針を発表した。エリクソン、富士通、日本電気の3社と協力し、開発に着手する。

 「ネットワーク仮想化技術」は、仮想ハードウェアを構成することで、特定ハードウェアでしか動作しないソフトウェアを動作させる技術。柔軟なネットワーク機器構成が可能となるため、通信混雑時の迅速な構成変更によるつながりやすさ向上、通信設備故障時における通信サービスの継続提供などに対応可能となる。

 今回の開発体制では、エリクソンが仮想的なハードウェアを制御するシステムを構成し、富士通と日本電気の2社がそれぞれネットワーク仮想化技術を適用したEPCソフトウェア(通信設備)を構成する。

 ドコモは、ネットワーク仮想化技術を商用化するとともに、将来的にはネットワーク全体の仮想化を進める方針だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top