『シンデレラ』ワールドプレミア……ディズニー史上最長のレッドカーペットでゴージャスに! | RBB TODAY

『シンデレラ』ワールドプレミア……ディズニー史上最長のレッドカーペットでゴージャスに!

エンタメ 映画・ドラマ

ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターにて
  • ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターにて
  • リリー(シンデレラ役)&リチャード(王子役)
  • リリー・ジェームズ(シンデレラ役)
  • 【左】ソフィー・マクシェラ(ドリゼラ役)&【右】ホリデイ・グレインジャー(アナスタシア役)
  • Grumpy Cat
  • ケイト・ブランシェット(継母役)
  • 『シンデレラ』ワールドプレミア……ディズニー史上最長のレッドカーペットでゴージャスに!
  • ロサンゼルスのエル・キャピタン・シアターにて
 現地時間3月1日、ロサンゼルスにてディズニー映画『シンデレラ』のワールドプレミアが行われた。ハリウッド大通りに敷き詰められたレッド・カーペットの長さはディズニー作品史上最長の200m、豪華な会場と出演者の煌びやかな出で立ちに会場は大盛り上がりを見せた。

 この日はあいにくの雨だったが、会場にはたくさんのファンたち、世界各国からマスコミが駆けつけ、その豪華なワールドプレミアムを目の当たりにした。200mのレッドカーペット、会場にはゴージャスなシャンデリアというこの華やかな場に負けないほどの輝きを見せたのは、主役シンデレラを演じたリリー・ジェームズ。まるで演じた「シンデレラ」を思わせるシルバーに輝くドレスで登場した。まま母役を演じたアカデミー賞女優のケイト・ブランシェット、王子役のリチャード・マッデン、そして本作でメガホンを執ったケネス・ブラナーらスタッフ・キャスト陣も登場し、会場の盛り上がりは最高潮に達した。

 リリーは「シンデレラを演じたことは、想像以上の経験でした。そして、ここにいることがとてもうれしいです」と語り、「日本の皆さん、こんにちは。心から愛を贈ります!」と日本のファンにもメッセージを送った。

 続いて登場した王子役のリチャードは、「(シンデレラは)彼女以外考えられないね。優しくて、愛に満ちていて、気配りができて、とても才能に恵まれた人だからね。是非また一緒に仕事がしたいよ」とリリーを絶賛した。

 また、同作と同時上映が決定している短編映画『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』の監督、クリス・バック&ジェニファー・リーも会場に駆けつけていた。ジェニファーにとって『シンデレラ』はディズニー作品で一番初めに観た作品だそうで、「子供のころから好きな作品でしたし、それがこんなに美しい形で実写化されて、そこに『アナと雪の女王』のキャラクターたちが帰ってくるのよ!私にとっては、新たな夢の実現になりました」と喜びを語り、日本の“アナ雪ファン“たちへクリスは「この作品を日本の皆様に捧げます」とメッセージを贈った。
《田中沙織》

関連ニュース

特集

page top