【MWC 2015 Vol.20】両側曲面ディスプレイ搭載、サムスンが「GALAXY S6 Edge」を発表 | RBB TODAY

【MWC 2015 Vol.20】両側曲面ディスプレイ搭載、サムスンが「GALAXY S6 Edge」を発表

IT・デジタル モバイル

GALAXY S6 Edge
  • GALAXY S6 Edge
  • GALAXY S6
  • サムスン・エレクトロニクスのJK・SHIN氏が登壇。新製品を発表
  • GALAXY S6 EdgeとGALAXY S6
  • 金属製のボディ素材を採用
  • ワイヤレス充電に対応
  • カラーバリエーション
  • ユーザーインターフェースがよりユーザーフレンドリーなデザインに変更された
 サムスンはMWC 2015の本開催前日となる1日(現地時間)に、バルセロナ市内で新製品発表会を開き、Android 5.0搭載のフラグシップスマートフォンを発表。4月10日から世界12カ国で発売される。

 メイン画面の両サイドに曲面型の“エッジスクリーン”を設けた「GALAXY S6 Edge」を発表した。「GALAXY Note Edge」と異なるのはNote Edgeがセパレート構造のエッジスクリーンを搭載していたのに対して、S6 Edgeは一枚構成のQHDスクリーンの、両サイドの曲面ディスプレイをエッジスクリーン的に使いながら、通知やクロックの機能が表示できるようになったという点にある。フラグシップモデルは他にも「GALAXY S6」もラインナップする。ともに5.1インチの有機EL Super AMOLEDを搭載。画素密度は577ppi。

 本体にはワイヤレス充電機能を搭載したほか、明るいF1.9のレンズ、リアルタイムHDR、オブジェクトトラッキングAFなど強化したカメラ機能を内蔵する。

 ユーザーインターフェースは機能美を追求しながら、アイコンのデザイン変更やカラーコードの統一などを図り、全体の操作性向上に繋げている。

 ボディのメイン素材には金属を採用。カラーバリエーションはS6 Edge/S6ともにゴールドプラチナム/ホワイトパール/ブラックサファイアの3色を揃え、S6 Edgeにはグリーンエメラルド、S6にはブルートパーズの4色目を展開する。NFCをベースにしたワイヤレス対応のモバイル決済機能「SAMSUNG PAY」に対応。マスターカードやVISAなどによる決済システムと連携できる本機能は、今夏から北米と韓国で利用が可能になる。

 他にもS6シリーズ専用のヘッドセット「Gear VR」も発表されている。イベントの模様と、製品の詳細は後ほどお伝えする。
 
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top