榮倉奈々、『名探偵コナン』で5年ぶりの声優に挑戦! | RBB TODAY

榮倉奈々、『名探偵コナン』で5年ぶりの声優に挑戦!

エンタメ 映画・ドラマ

ゲスト声優を務める榮倉奈々/『名探偵コナン 業火の向日葵(ひまわり)』-(C) 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • ゲスト声優を務める榮倉奈々/『名探偵コナン 業火の向日葵(ひまわり)』-(C) 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
  • 榮倉奈々が声優を務める絵画鑑定士・宮台なつみ/『名探偵コナン 業火の向日葵(ひまわり)』-(C) 2015 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
1997年に劇場版第一作が公開されて以来、子どものみならず大人にも親しまれている劇場版「名探偵コナン」シリーズ。この度、第19弾となる最新作『名探偵コナン 業火の向日葵』の公開が4月18日(土)に決定。これに併せ、ゲスト声優に、現在公開中の『娚の一生』に出演、『図書館戦争』続編の製作も決定している榮倉奈々が絵画鑑定士役として登場することが明らかになった。榮倉さんはアニメ映画の声優は5年ぶりとなる。

大富豪が集まるニューヨークのオークション会場で国際的名画が落札された。それは、かつて日本で焼失したとされている、ゴッホの名画「ひまわり」。他を寄せ付けない3億ドルという史上最高額でその絵を手に入れた鈴木次郎吉の目的は、世界に散らばる7枚の「ひまわり」を集めること。そして過去にない大規模な展覧会を、鉄壁のセキュリティを誇る日本の美術館・レイクロックで開催することだった。

その夢のようなビッグニュースは全世界に配信され、コナンや蘭たちもその中継に見入っている。「ひまわり」を護るスペシャリストたち、通称“7人のサムライ”が収集されようとしたそのとき、突如怪盗キッドが出現! 必ず絵を奪うと宣戦布告して去っていった。巨大宝石しか狙わないハズのキッドが何故? 次の瞬間、騒然となる会場に現れたのは、キッドのうわさを聞きつけたという高校生探偵・工藤新一の姿だった――。そして後日「ひまわり」を載せた旅客機が日本へ向かう大空で、再び“白い影”の急襲が…。

榮倉さんが担当するのは、確かな腕で迅速に鑑定をこなす絵画鑑定士の宮台なつみ。怪盗キッドから「ひまわり」の絵画を守るために召集された“7人のサムライ”と呼ばれる超一流の精鋭のひとりだ。歴史にも造詣が深く「ひまわり」についてもあらゆる学説を研究しているため、事件を捜査するコナンたちに大きく関わっていくことになる。

「子どもの頃から観ていた作品なので、お話を頂けたときはとても嬉しかったです」と興奮気味に語る榮倉さんは、「声優としては5年ぶりの挑戦になりますし、あの『名探偵コナン』ということもあってプレッシャーを感じています。しかし、大好きな作品なので自分自身楽しんでやれたら、と思います」とコメント。

役柄についても「私が演じる“宮台なつみ”は、絵画を深く愛している絵画鑑定士です。鑑定士は絵画に対して全力で打ち込めるとてもロマンチックな職業なので、そのあたりを上手く演じられたらと思います。あとは、専門用語が多いので言い慣れるように頑張ります! 今回の映画は、ファンの皆様が注目しているコナンVS怪盗キッドの対決がド派手なアクションで繰り広げられますので、どうぞお楽しみに! 私も頑張ります!」と意気込みを語った。

『名探偵コナン 業火の向日葵(ひまわり)』は4月18日(土)より全国にて公開。

榮倉奈々、『名探偵コナン』で5年ぶりの声優挑戦!「自分自身楽しんでやれたら」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top