東芝テリー、Cマウントの産業用Gig-Eカメラに新機種「BG202CF」 | RBB TODAY

東芝テリー、Cマウントの産業用Gig-Eカメラに新機種「BG202CF」

エンタープライズ セキュリティ

BGシリーズは同一形状の小型軽量シリーズで、モノクロ/カラーで画素数が異なる多数をラインナップする(画像は同社BGシリーズWebカタログより)。
  • BGシリーズは同一形状の小型軽量シリーズで、モノクロ/カラーで画素数が異なる多数をラインナップする(画像は同社BGシリーズWebカタログより)。
  • BG202CとBG202CFの製品仕様。両者の違いはIRカットフィルタの有無となりその他のスペックは基本的に共通となっている(画像は同社Webより)。
 東芝テリーは18日、産業用カメラのGig-EカメラBGシリーズに、カラーモデルの新機種「BG202CF」を追加したことを発表した。PoE対応のGigabit Ethernetを採用した一体型カメラで、国際的工業用カメラ規格の「GigE Vision Camera Interface Standard for Machine Vision Ver1.2」に準拠。2Mピクセル対応のモデルとなっている。

 1/1.8型素子のCCDを搭載、有効画素数201万画素/最大20fpsの撮影に対応。外形寸法が29mm(W)×29mm(H)×40mm(D)と小さく、重量も53g。業界最軽量クラスを謳っている。

 レンズマウントは一般的なCマウントに対応し、BG202CはIR(赤外線)カットフィルタなし、BG202CFはIRカットフィルタを備えたモデルとなる。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top