会社にPCを持ち込みファイル交換三昧、男性を逮捕 ~ 「Share」「PD」など4ソフトをフル活用 | RBB TODAY

会社にPCを持ち込みファイル交換三昧、男性を逮捕 ~ 「Share」「PD」など4ソフトをフル活用

エンタープライズ セキュリティ

「Winny」のアイコンの元画像とされる写真
  • 「Winny」のアイコンの元画像とされる写真
  • P2Pソフトの世界分布
 愛知県警生活経済課と南署は23日、ファイル共有ソフト「Share」(シェア)を通して、任天堂Wii用ゲームソフトを権利者に無断でアップロードし送信できる状態にしていた群馬県前橋市の無職男性(35歳)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで逮捕した。

 男性は、2010年4月7日、スクウェア・エニックスが著作権を有する「鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST-黄昏の少女-」を、ファイル共有ソフト「Share」を通して権利者に無断でアップロードして不特定多数のインターネットユーザーに対して送信できるようにし、著作権(公衆送信権)を侵害した疑いが持たれている。

 自宅から会社にパソコンを持ち込み、会社の回線でファイル共有ソフトを使用、男性が持ち込んだパソコンには、「Share」「WinMX」「Winny」「Perfect Dark」の4種類のファイル共有ソフトがインストールされていたという。4月、愛知県警の捜査員がサイバーパトロールで発見し、ACCSを通じて著作権者に連絡した。警察の調べによると、「ただでソフトウェアを入手したかった。7年前からファイル共有ソフトを使い始めた」と供述している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top