ソフトバンク、Tポイントが貯まるプリペイド「ソフトバンクカード」開始 | RBB TODAY

ソフトバンク、Tポイントが貯まるプリペイド「ソフトバンクカード」開始

ブロードバンド その他

カードデザイン
  • カードデザイン
  • カードデザイン
  • 利用イメージ
 ソフトバンク・ペイメント・サービス、ソフトバンクモバイル、ワイジェイカード、Tポイント・ジャパンは18日、ソフトバンク携帯電話ユーザー向けのプリペイド(前払い式)カード「ソフトバンクカード」を発表した。3月6日から提供を開始する。

 「ソフトバンクカード」は、入会費・年会費無料のプリペイドカード。チャージ専用口座への銀行振込などで事前に「バリュー」をチャージすることで利用できる。支払いに利用できるのは、百貨店・コンビニエンスストア・ドラッグストア・飲食店・衣料店・ネットショッピングなど、国内・海外あわせて3,800万店のVisa加盟店。ソフトバンク携帯電話の利用料金を支払うことも可能。チャージ残高は上限100万円。

 Visa加盟店での支払い額200円(税込)ごとにTポイントが1ポイント付与される。貯めたTポイントは、Tポイント提携先で利用可能(1ポイント=1円)。「バリュー」として「ソフトバンクカード」にチャージしてVisa加盟店で使うこともできる。さらに、家族や友人などの「ソフトバンクカード」に「プリペイドバリュー」を譲渡することができる(1回の上限額は10,000円、月5回まで)。

 事前チャージ以外に、「バリュー」が自動的にチャージされる無料オプション「おまかせチャージ」も用意されている。Tポイントの付与率が通常の2倍になり、Visa加盟店での支払い額100円(税込)ごとに1ポイントの付与となる。

 現在KDDIでは、コンビニ・飲食店、インターネットでの買い物に使えるプリペイド式カード/クレジットカード「au WALLET」を展開しており、「ソフトバンクカード」はこれと同ジャンルのサービスとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top